メタバースへの投資を制限するよう圧力!?メタバースの今後は?

メタバースへの投資を制限するよう圧力!?メタバースの今後は?

メタバースへの投資を制限するよう圧力!?メタバースの今後は?

 

 

「メタバースへの投資を制限せよ」と投資家がMeta社に提案していることがニュースで報道されました。

 

今現在莫大な投資をしていることは知れ渡っていますが、それが利益を出す見込みというのは私たちにはまだ見えてきていません。

 

この1年でAIはかなり進歩して私達の実生活の中にも入ってきました。
目に見えてわかるのでAIへの投資は安心できるところがあるのですが、メタバースの発展というのはどうなのでしょうか?

 

一部ではにぎわっているような話も出てきますが、まだ本当に一部であって一般の人がメタバースで日常生活を送るようなことにはなっていません。

 

もしかすると以前のセカンドライフ的に一時的に流行ってそこで終わってしまうのでは・・?というリスクもあるように思えてしまいます。

 

本当にMeta社が社運をかけて全力投資すべきものなのか。
素人には判断できる案件ではないのかもしれませんが、不安になってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界が疫病に直面する中、メタバースは普及するのだろうか?現実逃避に最適だと言う人もいれば、その影響を心配する人もいる。

 

## メタバースとは?

 

Metaverseは、ブロックチェーン技術とバーチャルリアリティを組み合わせ、デジタルインタラクションの新しい次元を創造する分散型プラットフォームです。メタバースは、ブロックチェーンのブロックチェーンとなるように設計されているため、「ブロックチェーンのメタバース」とも呼ばれています。メタバースは、デジタルアセットとアイデンティティの作成を可能にするパブリックブロックチェーンです。これらのデジタル資産とアイデンティティは、現実世界の資産とアイデンティティを表すために使用することができます。また、メタバースは分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォームとしても設計されています。

 

## メタバースは本当に普及するのか?

 

メタバースとは、SF作家のNealStephensonが1992年に発表した小説『SnowCrash』の中で用いた造語である。3D空間で人々が互いに交流したり、デジタル・オブジェクトを利用したりできる仮想現実の世界を指す。この言葉は、ゲーム業界やハイテク業界で広く使われており、メタバースがいずれ現実のものとなると考える人も多い。

 

メタバースが流行る理由はいくつかあります。まず、バーチャルリアリティ体験への需要が高まっていること。VR技術がよりリアルで没入感のあるものになれば、より多くの人がそれを体験したいと思うようになるでしょう。第二に、メタバースは、より効率的な仕事と遊びの方法を提供する可能性があります。家にいながらにして、世界中の人と一緒に会議に参加したり、ゲームをしたりできることを想像してみてください。第三に、メタバースは教育やトレーニングのための強力なツールになり得ます。結果を出さずに実験できる仮想世界で学習できることを想像してみてください。

 

このような利点がある一方で、メタバースが実現するまでに解決しなければならない課題も数多くあります。第一に、この技術はまだ初期段階にあり、大衆に採用されるにはよりユーザーフレンドリーなものになる必要があります。第二に、匿名性の高い仮想世界では、プライバシーやセキュリティに懸念があります。また、現実の世界を体験できるのに、バーチャルな世界で時間を過ごそうと思うのかどうかという問題もあります。

 

メタバースが普及するかどうかは、時間が経たないとわかりませんが、私たちの生活や仕事、遊びを変える可能性があることは確かです。

 

## Meta社マーク・ザッカーバーグのメタバース投資

 

マーク・ザッカーバーグによるメタバース投資、メタ・インコーポレイテッド

 

近年、マーク・ザッカーバーグは、数々の最先端企業やテクノロジーに多額の投資を行っていることで知られている。彼の最新の投資は、ユーザーが仮想世界を創造・探索できるプラットフォームを開発するスタートアップ、MetaInc.社へのものです。

 

この投資は、大手ハイテク企業が仮想現実や拡張現実に投資する大きなトレンドの一部です。フェイスブック、グーグル、マイクロソフトはいずれも、近年この分野に大きな投資を行っています。

 

メタバースは、私たちの世界との関わり方を変える可能性を秘めた、魅力的なプラットフォームです。このプラットフォームはまだ開発中ですが、すでにいくつかの主要な投資家の注目を集めています。

 

今後、メタバースがどのように発展し、テクノロジーの世界にどのようなインパクトを与えるのか、興味深いところです。

 

 

## メタバースよりAIの方がわかりやすい

 

メタバースとは、SFでよく使われる概念で、人と人、人工知能とが相互作用する仮想現実のことである。この言葉は、ニール・スティーブンソンが小説『スノウ・クラッシュ』の中で最初に作ったものです。メタバースはしばしばインターネットと比較されるが、より現実的な方法で人々が出会い、交流できるインターネットのバーチャルリアリティ版といったところである。

 

メタバースよりも人工知能の方が理解しやすいと思います。なぜなら、人工知能は私たちが日常生活で目にし、接することができるものだからです。例えば、スマートフォンや家庭、車の中で、人工知能がどのように使われているかを見ることができます。また、映画やテレビ番組でも、人工知能がどのように使われているか見ることができます。それに対して、メタバースはより抽象的で、可視化しにくいものです。

 

## メタバースを使うメリットは?

 

Metaverseは、ブロックチェーンベースのプラットフォームで、個人や組織にデジタルIDを提供します。また、分散型取引所も提供しており、ユーザーはデジタル資産やトークンを取引することができます。Metaverseは、デジタルIDサービスを提供する最初のブロックチェーンプラットフォームの1つです。

 

メタバースの次なる展開は?

 

Metaverseは、ブロックチェーンベースの仮想世界プラットフォームで、ユーザーが仮想資産とアイデンティティを作成、所有、収益化することを可能にします。このプラットフォームは、仮想の商品とサービスのための分散型マーケットプレイス、およびユーザー生成コンテンツのためのソーシャルプラットフォームを提供します。

 

メタバースの次なる展開は?Metaverseチームは現在、分散型取引所、Metaverseアイデンティティ管理システム、Metaverseブラウザを含む多くの機能と改善に取り組んでいます。また、プラットフォームのスケーラビリティを高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための方法にも取り組んでいます。長期的には、Metaverseを、ユーザーが仮想資産やアイデンティティを作成、所有、取引できる分散型仮想世界に構築することを目標としています。